新着情報

長崎港コンテナ航路利用チャレンジ調査事業の申請受付を開始しました。

  •  

    平成28年7月11日(月)から、長崎港コンテナ航路利用チャレンジ調査事業の申請受

    付を開始します。

     

    長崎港活性化センターでは、長崎港を活用した新たな物流ルートの構築に係る企業が行う調査事業を支援します。

     

    長崎港活性化センター(以下、「センター」という。)において、長崎港コンテナ航路を活用した新たな物流ルートの構築を促進するため、企業等が行う調査事業をセンターが支援することにより、長崎港の有効性の検証及び課題の整理を行い、今後の長崎港の活性化につなげることを目的とする事業です。

     

    支援対象者

    荷主企業又は物流企業

    支援対象事業(条件)

     

     

    (1)長崎港コンテナ航路を活用した新たな物流ルートに関する試験輸送であること。

    (2)次年度以降、継続して12TEU以上のコンテナ取扱が見込まれること。

    (3)試験輸送及びこれまでに行った輸送に係る輸送関連情報の提供が可能であること

    (4)試験輸送結果の活用(情報公開)に同意すること。(情報開示内容は、協議の上、公開、非公開の範囲を決定する。)

    支援対象経費

     (1)輸送ルート・輸送貨物の選定、出荷・受入体制の調整、及び事前現地調査等(現地調査に係る旅費は、1回2名まで)に伴う経費を含む「輸送計画策定経費」(ただし、10万円を限度とする。)

    (2)試験輸送における海上輸送、陸上輸送、輸出入に係る諸手続、通関、荷役、梱包及び保管等に要する経費のうち、現在利用している物流ルートと比較するために必要となる経費。ただし、現在利用している物流ルートと共通して必要となる経費を除く。

    (3)その他会長が必要と認めた経費

    支援内容

     

     上記支援対象経費:1企業あたり最大100万円

    申請期間

     

     7月11日以降随時受付(予算がなくなり次第受付を終了します。)

    申請時提出書類

     

     

    (1)調査事業実施申請書(様式第1号

    (2)長崎港コンテナ航路利用チャレンジ調査事業計画書(様式第2号)

    (3)決算報告書(直近2期分)

    (4)法人の登記事項証明書

    (5)法人税、消費税及び地方消費税に係る未納税額のないことを証明する納税証明書

    (6)その他会長が必要と認める書類

     

    ●申請等手続きの流れについてはこちら

     

    <ダウンロード>(要綱)

    ●長崎港コンテナ航路利用チャレンジ調査事業実施要綱

    (様式)

    ●様式第1号

    ●様式第2号